エントリー

エントリー

高浪文一だ。

高浪文一にとって、RADIO体操は幸せなのだ。

子供の時分に高浪文一は、地元のRADIO体操にエントリーして、RADIO体操出席記録表にハンコを押してもらえてた。

高浪文一はもう、地元のRADIO体操にエントリーしてもRADIO体操出席記録表にハンコを押してもらえない。

高浪文一は、子供のRADIO体操出席記録表だけじゃなくおとなのRADIO体操出席記録表にもハンコを押してくれと願っている。

RADIO体操出席記録表のハンコなんか、認印でも実印でも銀行印でもぜんぜん構わないんだから。

高浪文一がRADIO体操出席記録表のハンコ係員なら、子供のRADIO体操出席記録表とおとなのRADIO体操出席記録表の両方ともハンコを押してやる。

「地元のRADIO体操にエントリーしたら、認印でも実印でも銀行印でも事足りるから、RADIO体操出席記録表にハンコを押してくれ!」って思うおとなは、高浪文一の他にもいるよ。

高浪文一の生家のナナメ向かいには、子供の時分にから印鑑小売店(牧野印鑑小売店)がある。

『牧野印鑑小売店の総司令官、地元のRADIO体操にエントリーしてくれないか?RADIO体操出席記録表に、牧野印鑑小売店の総司令官がハンコ(牧野印鑑小売店製)を押してくれないか?』と、高浪文一は願っている。

牧野印鑑小売店の総司令官よ、認印でも実印でも銀行印でも事足りるから、はんこを押してくれないか!→印鑑豊中

高浪文一の幸せなんだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー